トレンドニュース

名前負けしない本格弁当! ローソンの新作「これがビーフハンバーグ弁当」を実食レビュー

2021年4月7日

  • 低価格ながら本格的な味わいが評判の“ローソン弁当”。そんなローソン弁当が、最近さらにバージョンアップしたことをご存知ですか? 実は常温弁当の一部をチルド化したことで、素材本来の味が楽しめるように進化を遂げたそう。今回ご紹介する「これがビーフハンバーグ弁当」(598円/税込)も新たに発売されたチルド弁当の1つ。さっそくチェックしていきましょう。


     


    【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】


    【関連記事】
    牛焼肉祭が開催中! こだわりの“特製たれ”がたまらない「牛焼肉丼」(吉野家)


     



     


    ●「これがビーフハンバーグ弁当」(ローソン)


    「これがビーフハンバーグ弁当」は、「これが弁当」シリーズの商品。同シリーズからは他にも「これが鶏竜田揚げ弁当」(550円/税込)や「これが豚生姜焼弁当」(550円/税込)など、様々なメニューが発売されています。


     


    ちなみに、「これが弁当」シリーズはすべて“チルド弁当”。常温弁当は20℃前後の温度で陳列しているのに対し、チルド弁当は5℃前後で陳列・販売するそうです。低温によって素材の鮮度が長く保たれるため、店舗で販売できる期間は約2日間。食品ロスの削減にも繋がるので、ローソンでメニュー選びに悩んだ際はぜひチェックしてみてください。

    続きを読む